【校種別】男性教師の理想的な服装と注意点 ~春夏秋冬コーディネート~

服装はどうでもいいようで、周囲からは意外としっかり見られています。どんなに仕事が出来たとしても、服装がだらしない教師というのはあまり印象が良くありません。学校というのはコミュニケーションが行き交う場であり、印象の良し悪しは仕事の効率を大きく左右します。子どもや保護者だけでなく、同僚や管理職からの印象をアップさせるために、男性教師はどのような服装をすれば良いのでしょうか?校種ごとのポイントや春夏秋冬のコーディネート、注意点などをまとめました。

 

 

男性教員の服装

小・中・高ともに基本はスーツ

女性教員と比べ男性教員は私服のような服装の人が少なく、一般的なサラリーマンと同じように毎日スーツを着ている人がほとんどです。男性は仕事場で着る服装に対してファッション性よりもTPOを重んじる傾向があるからだと思いますが、「いちいち服装を考える必要が無いからスーツが1番楽」という考えの人も多いです。

ただし、いつも全身スーツでパリッとした服装をしているわけではなく、上のジャケットを脱いだり代わりにジャージを羽織ったりする人もいます。また、同じスーツスタイルでもファッション性を意識した着こなしをしている先生もいるので全くオシャレが出来ないというわけではありません。

 

校種によって多少異なる

男性教師の服装は校種によって押さえるポイントが少し変わります。それは小・中・高で子どもの発達段階が異なるからです。発達段階が異なると、仕事の内容や保護者との関わり方が変わるので当然合う服装も違ってきます。まずは校種ごとに押さえてほしいポイントを紹介していきます。

 

 

 

小学校男性教師の理想的な服装

子どもが活動的で手のかかる小学校でも、男性教師はスーツを着ていることが多いです。他の服装といえば、体育がある日にはジャージを着ていることもあるといった程度。体育の後しばらくジャージでいても、すぐに着替えてスーツに戻っている先生が多いです。なので、小学校教師の場合はスーツとジャージがあれば特に問題はありません。

 

動きやすく汚れてもいい服

小学校では活発に動く活動が多いです。そのため、教師も中学や高校と比べると小学校の方が断然動く機会が多くなります。なのでスーツはストレッチ素材の動きやすいものがおすすめです。また、小さな子どもを相手に掃除指導や給食指導をしていると知らず知らずのうちに服が汚れていることがあります。小学校は他の校種に比べて職場にいる女性の割合が多いため、重い物を運ぶ際に毎回駆り出されるなんてこともしばしば。スーツを購入する際は汚れることを覚悟し、現場用のものと研修や家庭訪問用など分けておくのが良いです。

 

清潔感のある服装

子どもが未熟な小学校は特に、保護者との連携が図れるかどうかが大切になってきます。保護者と関わる機会も他の校種に比べて多いです。教科担任制である中高と違い、担任がほぼ全ての教科を教える小学校では学級担任としての責任がより重くなり、保護者も誰が担任になるかということに敏感になります。

子どもが小さいうちは、何か嫌なことがあってもなかなか言葉にすることが出来ません。特に小さな女の子を男の先生に1日中預けるというのは、保護者にとってかなり不安なことです。そのとき、担任教師からどのような印象を受けるかというのはかなり重要になってきます。男の先生でも、清潔感があって爽やかな雰囲気の人であればそれだけで保護者は安心するものです。反対に、暗く陰湿なイメージの教師だとそれだけで保護者は不安になります。不安を与えてしまうと当然ながら監視の目も厳しくなるので、何をするにも批判されたり口をはさまれたりして仕事がやりづらくなってしまいます。小学校の男性教師は周囲からのどのように見られているかということを意識し、日頃から清潔感のある服装を心がけておくことが大切です。

 

 

 

中学校・高校男性教師の理想的な服装

基本的に担任が全教科を教える小学校と違って、中学校や高校は教科担任制です。そのため中高は教員の専門性がはっきりしています。小学校は教科の専門性がはっきりしていないため、ほとんどの方がスーツを身につけています。しかし、教科の専門性がある中高では教師の服装にも違いが見られます。また生徒指導の面でも中高では小学校と大きく変わってくるため教師の服装にも注意すべき点が出てきます。

 

教科の専門性に応じた服装

中学校・高校は教科担任制のため教える教科によって服装も変わってきますが、基本的にはスーツで問題ありません。数学や社会など座学の教科を教える教員はほとんどの場合スーツを着ていますが、理科のように実験がある教科の教員はスーツの上に白衣、体育を教える教員はジャージなど教科の専門性に応じた服を身につけていることが多いです。まれに座学の教科を教えている教員で1日中ジャージを着ている方がいますが、そういう人は部活の指導に力を入れている場合が多いです。

 

校則にのっとった服装

中学生や高校生になると、男子は髪を短く切り服装もきちんとしなければならなくなります。そして教師は、きちんとした服装をするよう生徒に厳しく指導する立場にあるのです。そのような立場にありながら、自分は髪を伸ばしスーツも好きなように着ているなど校則に反した服装をしていたら、指導に説得力が無くなるのは言うまでもありません。男子生徒の中には反抗する子もいるため、その点を突っ込まれてしまうと指導が成り立たなくなりますし生徒からの信頼も失いかねません。中高の教師は生徒指導する立場にあることを考慮し、子どもや保護者から文句が出た場合にも切り抜けられるような服装をしておいた方がいいです。

 

 

男性教師の春夏秋冬コーディネート

男性教師のスーツを基本とした季節ごとのコーディネートを紹介します。スーツだと種類が限られてくるためあまりオシャレを楽しめないのではないか・・・と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!スーツだからこそ服の色や素材、組み合わせるアイテムによって全く違って見え、オシャレな着こなしが光るのです。

 

コーディネートの基本

コーディネートに取り入れるカラーは黒・白・グレー・ベージュ・ネイビーを基調にすると上手くまとまります。シャツは水色やピンクなど淡い色を取り入れても〇。ジャケット、シャツ、パンツといったアイテムで原色系のものは避けた方がいいです。

全身スーツのときはネイビーやグレーでまとめるのがおすすめ。黒も悪くはないですが、冠婚葬祭のようなイメージが強くなってしまうので黒のスーツは全身より単体で使うのがベターです。カラーネクタイは必ず必要になるのでいくつか用意しておきましょう。ネクタイの色は鮮やかなカラーで問題ありません。

 

男性教師の春秋コーディネート

 

 

春や秋はシャツ+ジャケットで快適に過ごせます。濃い色のジャケットに薄い色のシャツとパンツを合わせるのがスッキリまとまっておすすめです。画像のジャケットは裏地の色がアクセントになっています。ベルトと靴の色を合わせればオシャレ度アップ。

 

 

 

シャツ+カーディガンの組み合わせも春らしくて〇。チノパンを合わせたカジュアルなコーディネートです。落ち着いた色合いのアイテムを選べばカジュアル過ぎず職場に馴染みます。

 

男性教師の夏コーディネート

 

 

夏は半袖シャツでOKです。白や水色など淡い色が涼しげで〇。薄手のパンツを用意しておくと暑い夏でも快適に過ごせます。クーラーが効きすぎているときや急な来客時にも対応できるようにジャケットやカーディガンを用意しておくのがおすすめです。

 

 

ポロシャツもオシャレで涼しげな印象です。淡い色+濃い色の組み合わせはメリハリが出ます。

 

男性教師の冬コーディネート

 

 

冬はニットやセーター+ジャケットの組み合わせでぽかぽか。寒がりの方には首元が冷えないタートルネックがおすすめです。同系色でまとめるとクールに仕上がります。

 

 

シャツ+ニットの組み合わせも暖かい上にコーディネートがしやすくすすめです。ニットの色は白・黒・赤・緑・青・グレーなど様々なバリエーションがありますが、どの色を選んでもオシャレに決まります。ネクタイはあってもなくてもOK。

 

 

 

学校現場でこれはダメ!服装の注意点

一般的な会社員にも当てはまることですが、男性は女性よりも服装を厳しく見られます。女性教師がしているから大丈夫と思って真似をすると指導が入ることもあるので注意してください。学校現場でタブーとされる服装は以下の通りです。

 

伸びきったボサボサ髪や茶髪

女性教員は髪を伸ばしたり染めたりしていますが、男性教員が茶髪だとかなり印象が悪くなります。実際、髪が長くて茶髪の先生なんてチャラチャラしていて同僚でも心配になりますよね(笑)たとえ髪を染めていなかったとしても、髪を伸ばしていたりボサボサしていたりすると清潔感がありません。男性教師の場合は特に、清潔感があるかどうかというのが与える印象に大きく影響します。髪は黒の短髪で、清潔感が出るようにまとめましょう。

 

 

イメージが沸かない場合は、画像の男性を参考にしてください。黒の短髪でボサッとせず綺麗にまとめられている理想的な髪形です。髪は目や耳にかからない方が顔全体が見えて相手に良い印象を与えることが出来ます。

 

 

ジーパンやダメージなどラフな格好

勤務日にジーパンを履いていくとまず間違いなく注意されます。ジーパンは動きやすいのですが学校現場ではタブーなので気を付けてくださいね。ダメージ系の服も印象が悪いのでやめておきましょう。ダボダボしたラフな格好は学校現場では好まれません。ジーパンに限らずデニム素材の服や短パン、サンダルなどはラフなイメージになるのでやめた方がいいです。

学校現場では運動着としても短パンはあまり好まれず、夏でも長ズボンのジャージを身につける人がほとんどです。どうしても履かなくてはならない際は下に足首までのスパッツを履くなど配慮してください。ラフな服の中でもグレーゾーンなのがTシャツです。運動着として着用する分には構いませんが、教室で着ていると注意される可能性があります。体育や校外学習などで着た際は、後からスーツに着替えるのがおすすめです。

 

1日中ジャージは避ける

1日中ジャージで過ごすのはどの校種においてもあまり良いことではありません。特に体育教師や部活動の顧問をしている教師は学校での1日をジャージで過ごすことが多くなりますが、最近はこのことに対して疑問の声が挙がっています。生徒に対しては校則を守り正しい服装をすることを厳しく指導している教員が、いつもジャージ姿で校内を歩いているというのはおかしいという考え方です。また、急に保護者が来校した際にもジャージ姿では困るのではないかという意見もあります。確かに、1日中ジャージを着ているよりは体育の授業や部活動の際だけジャージに着替えるという方が示しはつきます。特に若い教師は今後服装について指導される可能性が高いので、面倒かもしれませんがなるべく時と場に合わせて着替えた方がいいです。どうしても時間がないという方は、少なくとも出勤時、退勤時だけでもスーツに着替えることを心がけましょう。

 

 

 

最も重要なポイントは「TPOと清潔感」

服装のポイントやコーディネートなどを紹介してきましたが、男性教師のファッションで何よりも大事なのは「TPOと清潔感」です。いくら高くてオシャレなアイテムを身につけていたとしてもその場に合わないものだと浮いてしまいますし、着方がだらしなかったりシワがよっていたりすると不潔な感じがして台無しになってしまいます。反対に、安物でもTPOに合わせたアイテムをピシッと着れば上品に見えてくるものです。まずは職場の雰囲気に合いそうな服を選びましょう。そしてジャケットのホコリを落とし、シャツはアイロンをかけ、靴下は伸ばすなど1つ1つをきちんと着るように意識してください。